ネズミから人へ移る病気には、死にいたる危険性もある深刻なものがあり、噛まれることで感染する病気もあります。
ネズミ直接ふれなくても、家に残した尿や糞から感染する病気もありますし、ネズミの寄生虫から感染する病気もあります。

そのため、業者に頼まずに自分でネズミ駆除をする場合には、罠にとらえたネズミを始末しようとして噛まれたりしないように、十分注意して行うことが大事です。

自分でできるネズミ駆除は、殺鼠剤や忌避剤、防鼠材などが効果を発揮します。

ネズミは雑食ですから、油脂類や餌を徹底的に排除して、整理整頓を行うことが大事です。

ペットフードなどもよく被害にありますから、容器などにいれて保管し、管理を徹底することが大事です。



また、ネズミが侵入しないように、通気口や換気口、配管やエアコンなどの導入部など、少しの隙間でも侵入してきますから、ステンレスや鉄製の防鼠材でふさぎましょう。
すでにネズミ被害にあっている場合には、バネ式や箱式のネズミ捕りを設置したり、粘着シートや殺鼠剤、超音波や電磁波の忌避剤などでネズミ駆除をおこないましょう。

ネズミ捕りは、手軽に設置することができるというメリットがありますが、箱式の場合には、中でネズミが生きていますから、自分で殺す必要があります。



また、殺鼠剤は、耐性ができないかぎり確実に殺すことはできますが、死骸をみつけられないと、不衛生で、赤ちゃんやペットのいる家庭では、誤飲の可能性もあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。